ミネラルウォーターの賞味期限・消費期限

ミネラルウォーターの賞味期限・消費期限について

ミネラルウォーターの賞味期限・消費期限について。

 

ミネラルウォーターは賞味期限が過ぎても飲める?
ミネラルウォーターの消費期限はいつ?

 

 

ペットボトルに入ったミネラルウォーターについて

 

ミネラルウォーターについたラベルを確認すると。
賞味期限20xx年x月x日までと賞味期限が印字されています。

 

賞味期限てどういうこと。

 

 

ミネラルウォーターの賞味期限について

 

ミネラルウォーターにかかれている賞味期限の意味は?

 

ミネラルウォーターをおいしく飲むことができる期間のことです。

 

 

ミネラルウォーターは腐る事がありません。
なので賞味期限という設定がされています。
食品などは腐るので消費期限が設定されています。

 

しかし腐らないとは言っても、おいしく飲める期間はあります。
それが賞味期限なのです。

 

賞味期限が過ぎてもネラルウォーターは飲むことができるのか?

 

答えは飲むことができます。

 

しかしここで問題があります。
それはペットボトルです。

 

水は腐らなくてもペットボトル自体の問題で水ににおいが移ってしまいます。
実はペットボトルにはわずかながら気体透過性があります。
長期保管していると、周りの「におい」が移ってしまう可能性があるのです。

 

飲む際に、水に「におい」があると水に対して違和感を感じてしまいます。
おいしい水どころかまずい水と感じてしまうでしょう。

 

安心できるはずの水に逆に不審感を感じてしまう結果になりかねません。

 

 

なので備蓄用、保存用の水は賞味期限が来そうになったら交感した方が良いです。

 

備蓄用保存水は賞味期限が長く設定されているものが多くあります。
通常のペットボトル入りのミネラルウォーターなら1年のところ
3年から12年賞味期限の長期保存可能なミネラルウォーターも存在します。

 

メーカーによって賞味期限が違うので、備蓄方法を考えて購入するのがベストです。

 

 

ミネラルウォーターの賞味期限の違いについて

 

ではなぜ、ペットボトルによって賞味期限に差があるのだろう?と思います。

 

それはペットボトルの大きさや種類材質によって外から受ける影響に差ができるからです。

 

ミネラルウォーター自体はメーカのによって、殺菌処理やろ過などされて腐らない処置がされています。
理論上はいつまでも飲むことができかもしれません、しかし容器であるペットボトルの劣化もあります。においうつりもあります。

 

万が一の時においしい水を飲む為に、賞味期限が過ぎる前に新しく交換しておきましょう。

 

 

ミネラルウォーターの消費期限

 

ミネラルウォーターの消費期限はありません。
ミネラルウォーター自体に腐らいない処置がされペットボトルに保存されているからです。

 

当然ですがそれは未開封であることが前提です!

 

開封後は早めに飲みきりましょう。

 

開封後のミネラルウォーター

 

ミネラルウォーターの賞味期限は長いです。
それは栓を開封していない状態です!

 

一度ミネラルウォーターを開封していまうと、空気中の殺菌がはいり腐敗が始まります。

 

口をつけて飲むと細菌の混入が多くなるため腐り始めるのはやくなります。

 

飲む水、飲料水は栓を開けたらその日のうちに飲み切りましょう。

 

時間が経てば、見た目には変わらなくても、水の中で雑菌が繁殖している状態です。

 

開封したした瞬間から賞味期限は適用されません。

 

安全においしい水を飲むためにできるだけ早めに飲みきってしまいましょう。

 

 

ミネラルウォーターの保管方法

 

ミネラルウォーターを保管する場所を選ぶ際のポイント。

 

直射日光が当たる場所や、湿度や温度が高い場所は避けましょう。
またのにおいの強いもののそばに置くと臭いが移りやすいで避けましょう。

 

いざ飲もうと思った時に飲めない状態になっていたのでは良くありません。
しっかりと保管場所を確認、確保しておきましょう。

 

まとめ

万が一の時のため、ミネラルウォーターをおいしく飲む為に。

 

ミネラルウォーターを適切な場所に保管しましょう。
直射日光があたらない、温度や湿度が高くならない場所に保管しましょう。

 

開封後はできるだけ早めに飲み切りましょう。
傷んだ水を飲んで身体の調子を悪くしたでは本末転倒です。

 

おいしく安全に水を飲む為に気をつけましょう。