備蓄保存水通販

防災時の水の準備

災害発生時に必要な水の準備について

 

防災の観点から水の準備について考えます。

 

大規模災害の発生が起きる可能性がある日本において。
防災の準備の必要性を感じます。

 

地震や津波、台風、大雨などの災害が発生した時の備えについて。

 

 

 

 

 

 

成人が一日に必要な水の量は2〜3リットルと言われています。
災害時は物流が寸断され水の供給が不足すると予想されます。
そして最低でも1週間分の備蓄が推奨されていますね。

 

食料・飲料・生活必需品などの備蓄の例(人数分用意しましょう)
飲料水 3日分(1人1日3リットルが目安)
非常食 3日分の食料として、ご飯(アルファ米など)、ビスケット、板チョコ、乾パンなど
トイレットペーパー、ティッシュペーパー・マッチ、ろうそく・カセットコンロ など

 

※ 大規模災害発生時には、「1週間分」の備蓄が望ましいとされています。
※ 飲料水とは別に、トイレを流したりするための生活用水も必要です。日頃から、水道水を入れたポリタンクを用意する、お風呂の水をいつも張っておく、などの備えをしておきましょう。

 

 

 

食料・飲料・生活必需品などの備蓄の例(人数分用意しましょう)
災害に対するご家庭での備え〜これだけは準備しておこう!〜
(首相官邸ホームページ)